スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告
トラックバック(-) コメント(-)

ホワイトラムズホーンが生まれた!

白いラムズホーンがいました!
RIMG0039


RIMG0039

RIMG0038

RIMG0040

RIMG0042

貝殻も身体も白色です!
どうやら、ピンクラムズホーンから生まれたようです!
つまり…
前回の記事【ラムズホーンの種類と体色の謎】の信憑性がちょっとUPした訳です!
恐らく、この個体はピンクラムズホーンがさらにアルビノ化した個体なんだと思います。

関連記事

       にほんブログ村 観賞魚ブログ ザリガニへ 
       ↑クリックして貰えると励みになります(・∀・)

2012/08/21 07:00 ラムズホーン
トラックバック(0) コメント(2)

<< アジアロックシュリンプ2匹☆ | | メキクレ3匹追加【2】 >>


私は、レッドラムズホーンとブルーラムズホーンを専用水槽別で、ピンクラムズホーンを中型混泳水槽で、ブラウンラムズホーンとモノアラガイを野生水草残留農薬様子見用の混泳水槽で飼育しています。
ブルーを購入して届いてすぐの頃、選別時に200匹中15匹くらいの数のピンクラムズホーンが生まれていました。(ブルーとピンク一緒に飼っていたかもしれません。)その選別時に真っ白のやや体色に黄色がかかった個体が一匹の混ざっていました。一匹では固定できないので、下記のピンク用の水槽で放っておいてから見かけていません。この白い固体を固定化に近づけることできれば、体色が黄色のラムズホーンが作れるかもしれないと専用水槽の増加を検討中です。
2匹以上生まれて、水槽に余裕がありましたら目指してみてはいかがでしょうか?
あと、レッドラムズホーンからブラウンとブルーの中間くらいのものが今まで一度だけ混ざっていました。

2013/10/27 23:31 失礼します。 URL 編集



コメントありがとうございます

この個体は非常に虚弱で短命でしたが、新たな品種として固定したいと思うのは飼育者としての性ですよねw
こういう個体は一定の確立で発生する雑種として扱われていますが、いつの日か余裕が出来れば私もやってみたいと思っています(^ω^)ではー。

2013/10/30 16:50 N2 URL 編集










| トップページ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。