スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告
トラックバック(-) コメント(-)

ラムズホーンの種類と体色の謎

ラムズホーンは種類と体色について。
ラムズホーンは、アルビノ定着個体のレッドラムズホーン、レッドがさらにアルビノ化?したピンク、どこから来たか不明とされるブルーの3種類が主に流通しています。
RIMG0002


レッド(アルビノ)がさらにアルビノ化するというのはよく分からないが、確かに私の環境でもレッドからピンクが派生しました。
【関連記事】ピンクラムズホーン勢力拡大中
もしかしたら、ブルーがノーマルで自然界ではメラニズム化した個体なのかも知れない。
だとすれば、こういう関係なのかも知れないと妄想してみる。

 メラニズム     標準?中間?   アルビノ     アルビノ
ラムズホーン原種 → ブルーラムズ → レッドラムズ → ピンクラムズ

でもこの論理では、私の環境でレッドからピンクが生まれたと同様に、ブルーからレッドが生まれなければならない。
しかし、そんな話はググってもヒットしない所を見るとハズレかな…(´・ω・`)
さらに言うと、流通はしていないものの、黄色いイエローラムズホーンなるものも存在するらしい。
お前はどこから来たんだ?!(; ・`ω・´)

関連記事

       にほんブログ村 観賞魚ブログ ザリガニへ 
       ↑クリックして貰えると励みになります(・∀・)

2012/08/02 07:00 ラムズホーン
トラックバック(0) コメント(0)

<< 飼育生体、植物の紹介 | | ラムズホーンとは >>









| トップページ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。